ヨガで腸内環境が整うと自然に痩せていく理由

前回の記事により、腸内環境が悪くなるともたらす様々なデメリットを紹介しました。

それは心の面でも体の面でも、初めは小さな変化でも次第に大きな負担になり私たちの体を蝕んできます。

ですが、、お腹の中を綺麗に保ち、腸内環境を綺麗に保つことにより、デメリット同様様々なメリットがあります。

今回は何故腸内環境が重要なのか、ヨガを行うことで、どう改善されていくのかをご説明していきます。

女性の胃痛、医療コンセプト。

「私より良く食べる友達が私より細く見える…」

「同じような生活をしているのにどうしてあの子は細いの?」

と思った経験は無いでしょうか?

その原因は、腸内環境の違いが大きく関わっているかも知れません。

強く健康な幸せな胃の特徴、ブロッコリーとリンゴ。ベクター平面のカートーンイラストアイコンデザイン。白い背景に。消化管、健康食品の栄養、胃のコンセプト

腸内には腸内細菌と呼ばれる最近が存在しており、大まかに善玉菌悪玉菌日和見菌という3つのタイプに分かれていて、それぞれ腸内に及ぼす影響が異なり、なかでも善玉菌は腸内を整えるのに効果的な菌だとされています。

特に善玉菌は、消化吸収を助け免疫力を向上させる働きなどがあることから、肥満防止、健康維持、老化防止と嬉しい効果が期待できるといわれています。

よく聞く腸内フローラとは?

Flower Portulaca In the morning garden with sunlight

「腸内フローラ」とは、先程出てきた腸内細菌が種類ごとにグループをつくり、腸内に広がっている様子のこと。お花畑の様に見えることからそう呼ばれているそう。食事の内容で住み着く菌も変わるので「腸内フローラ」はひとりひとり違うんだそうですよ。

大腸と小腸の図

この「腸内フローラ」は、善玉菌:悪玉菌:日和見菌の割合が2:1:7となるのが理想的なんだそう。

日和見菌は、善玉菌が多ければそちらに味方し、悪玉菌が多ければそちらに味方をするという性質を持っているようです。

新鮮な空気を持つ公園で日差しの下でリラックスして幸せな気持ちのスポーティーな女性のポートレート

食べても太りにくい人に多くみられる細菌は「ヤセ菌」とも呼ばれ、脂肪蓄積の予防や、代謝を上げエネルギー消費をサポートしてくれるそう。

ヤセ菌」は日和見菌に属していると言われています。つまり、善玉菌を増やすことによりヤセ菌も増え、自然に痩せやすい、太りにくい体に変わっていけるということになります。

食べても食べても痩せやすいあの子の理由は、腸内環境が健康的に保たれているというのも理由の一つのようですね。

Floor scales icon in neon line style. Body weight measurement equipment symbol.

口から摂取した食べ物は、腸で吸収されて初めて体を作る栄養になります。吸収された栄養は毛細血管を通って全身を巡っていきます。さらに腸は、細菌やウイルスから体を守る免疫器官でもあります。免疫とは、体内に侵入してくる細菌やウイルスを身体にとって有害か無害かを判断し有害なものを排除する機能のことです。細菌やウイルスから体を守るための抗体を作る細胞をリンパ球と言い、腸管には、全体の60~70%のリンパ球が存在しています。

http://www.japanclinic.co.jp/counseling/detail.php?id=30

このことから、“腸は人体最大の免疫器官”と言われています。

満足した笑顔の若い女性は、おいしい夕食を食べた後に機嫌を取り、ピンクの背景に満腹を示す。胃の快感

腸内環境が荒れていると、体に良いと言われている食べ物を食べても、腸の免疫力が弱まっていれば栄養価の高い食べ物も体に吸収されず排出されてしまいます。

それだけではなく、私たちが日々口にする食べ物や飲み物は、目にみえない細菌やウイルスが付着しており、腸管の免疫が正常に機能していると、このような有害物質を吸収せずに排出を促しますが、免疫機能が弱っていると、体にとって有害な物質も栄養と一緒に吸収してしまい、有害物質も血液にのって全身へ流れていってしまいます。

悲しく涙を流す女性の彫刻。悲しみを込めた表情の彫刻で、悲しみの表情を浮かべ、泣きながら。白黒の白黒の写真。

腸内環境が乱れると栄養の消化・吸収がしっかりできなくなるだけでなく、体に不要なものまで吸収してしまい、体調不良や病気を引き起こすなど全身に悪影響を与えてしまうことになります…

でも、大丈夫。

こうした腸内環境の不調も、ヨガをすることで改善できます。

何故ヨガで腸内環境が整うのか?

ヨガは体全身を整える効果があります、現に妹子がヨガをしている時、真っ先に感じた効果は「くびれ」でした。

くびれができた理由は、下に下がっていた内臓が正しい位置に整ったということになります。

ヨガの大きな効果として、姿勢を正すことができます。正しい姿勢に矯正することにより、下がった内臓は元の位置に、歪んだ骨格も元に戻してくれる効果が期待できます。

それに加え、ぜん動運動も取り入れていますので、体に無理のない程度の刺激を腸に与えることができます。

緩やかな刺激を与えることで、溜まった老廃物を無理なく排出することが可能です

  • 姿勢を矯正する
  • ぜん動運動と取り入れ、腸に刺激を送る
  • 全身を活発的にすることにより、血行やリンパの改善

などの理由により、腸内免疫も改善され、栄養がぐんぐん吸収してくれる体になっていきます。

投稿者: imoko

元ヨガインストラクターの21歳妹子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です