柔軟性ないけどいける?🤔

インストラクターとして働いてる時、体験の方が来てくれて、お身体の悩みとか改善したい点とか沢山お話しして頂くんですけど、ほとんどの人が

ヨガ=柔軟性高い

と思ってきてくれるんですよね。

柔軟性は、ある程度はあるに越したことはないんですけど

実は初めての方は身体が硬くて運動不足の人の方が効果を実感しやすいかと思います。

「なぜか?🤔」

生まれつき身体がしなやかで関節が柔らかい人ってたまーにいらっしゃるんですが、その方達はヨガの上級アーサナだって難なくこなせてしまうんです。

普通の人は適度に刺激を感じれるアーサナも、その方達はどこまでも身体を伸ばしてしまえて、刺激に鈍感になっている部分も少なからずあると思います。

そんな方は、インストラクターの指示通りにアーサナをこなしても、周りの人がきつそうにしてても、

「どこまで伸ばしていいの?」

「これであってるの?身体に聞いてるの??」

と、感じてしまうらしいです。(実際にインストラクター時の同期にいました。

身体がくにゃんくにゃんしている人で、その上筋肉量が少ない人は

関節を痛めてしまう可能性があります。

筋肉がないから、自身の身体の柔らかさに、どこまでも伸びる関節に逃げてしまうんですよね。

ヨガをし始めて、「痛い」「辛い」「キッツッツ( ◠‿◠ )」

と感じて当たり前。むしろ感じない方が心配です。

自分の身体のどこが硬くて、どこが柔らかくて、どこの筋肉がなくてって、自分の体の一つ一つを丁寧に感じてヨガを行ってくださいね。

よく、「気づき」が大事なのだとインストラクター同士でも話していました。

私たち女性は特に周りの空気を察するのが抜群に上手で、ついつい頑張りすぎちゃう人が少なくないと思います。

お客様の中でも、すっごく身体がカチコチの方がいて、柔軟性だけでなく、アシスト(よりヨガを深めていけるように身体の向きなどを正しい方向に導くこと)に触れたのですが、

「!?!!?(間違ってる!?こう!?合ってない!?」

って感じで、身体がおっかなびっくりしちゃったんですよね。(私の触れ方にも問題があったのかも

後からお話を聞くと、

「男性社会の中働いているので、身体が強張り気味なのかもしれません…自分では気づきませんでしたが、そういえばいつも肩が上がっているかも」

と話してくださいました。

普段から緊張しがちだったり、頑張り屋さんな方は、肩に力が入りがち。

肩に力が入りがちということは、肩が凝りやすいという傾向にあります 。

投稿者: imoko

元ヨガインストラクターの21歳妹子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です