お客様が感じた効果①

妹子は当時21歳のヨガインストラクターでした。

ヨガのコンセプトを練習する若くて魅力的な女性のシルエット、アドホムカ・ヴルクサナの運動、下向きのツリーポーズ、運動、スポーツウェアのブラとズボン、全長

「本当に効果あるんですよ〜!私自身こんなに変わりました!」と言っても、

「いや、若いんだから効果感じるの早いでしょそりゃ」

と言われていました。確かに、基礎代謝は年齢と共に落ちてはきます。

基礎代謝とは、じっとしていても、呼吸をしたり、生命を維持するためにエネルギーを消費しておりそれを「基礎代謝」と言います。

基礎代謝のピークは10代〜後半と言われており、それ以降は年齢と共に低下していきます。

だからと言って、年齢が上だからとダイエットやボディメイクが遠い道だと諦めてはいけません。

言わずとも、動かなければ代謝は落ち、若い時期と同じ量のご飯を食べていれば体重も増え体脂肪も増えていくのは当たり前です。

現状を正しく見直し、今の自分を受け入れ、現状打破していきましょう。

では早速、妹子よりも一回りもふた回りも年上のお客様に実際にお聞きした効果効能を皆様にお伝えします。

白い背景にヨガの練習をするスポーティーな若い女性 – 健康的な生活と身体と精神の発達のバランスのコンセプト

50代のお客様T様

T様は通われた当時は67㎏だったと教えてくれました。いつも気さくにニコニコと接してくださる「マダム」という言葉が本当に似合う素敵な女性で、

「ヨガ」に足を踏み入れてからというもの、以前から運動には全く縁が無かったのに関わらず、体を鍛え、精神も整えてくれるヨガにどハマりし、今では週5ペースで通っているとのこと。

ヨガを続けることで、体のラインやお顔周りが綺麗になるにつれ、体に必要な食事が何か独自で調べ 、自主的に無理せず食事制限を始めたそうです。

vegetables, fruits and cereals for a healthy food and diet

(ヨガを続けていると、よく多くの人が「体に必要な食事(タンパク質カルシウム、ビタミンなど)を自主的に取りたくなってくる」と言う方が多いです)

T様はとてもストイックな方で、ヨガをした後の2時間はお腹にたまる炭水化物などは控え、普段の食生活も鯖缶や納豆、プロテインなどを積極的に摂取しているようです

※ヨガでは体の内側、内臓にも刺激を与えてくれるので、小腸にも刺激が届きます。小腸が刺激を受けると消化吸収率がUPし、食べたものが二倍のエネルギーに変換されます。

※ビタミン豊富な果実やお野菜なども消化吸収率は二倍になるので少量は摂取しても大丈夫なのですが、(大量に摂取すると果実は糖質も含まれているので逆効果に繋がります)炭水化物であるご飯や麺類は、ただでさえカロリーが高く運動した後すぐに摂取すると、栄養の吸収が良すぎて脂肪がつきやすくなってしまう)

健康的な食べ物は清潔な食べ物を選ぶ:グレイのコンクリート背景に果物、野菜、種、スーパーフード、シリアル、葉菜

T様はヨガをさらに週5ペースで通い、食事制限の効果もあってか47㎏の減量に成功しました!!

通い始めて3ヶ月でマイナス20キロです!!

努力の賜物とはまさにこのことですね。

20キロ痩せた今でも、運動後2時間の食事を避け、プロテインは日頃から飲み続けていて、食べるものにも気をつけているそうです。(以前ランチをご一緒した際、ラーメンは半年に一度くらいしか食べないの!と教えてくれました。本当に素晴らしいです…!)

重量スケール。



同じインストラクターの同期とも、「T様って本当に凄いよね。私たちも見習わなくちゃ!」と常日頃から話しており、非常に影響力のある常連様でいらっしゃいました。

年齢問わず、目標を見据えそれに向かって突っ走っていく力こそが女性を日々若々しくさせてくれる力なのだと思います。

「もう年だし、体もついていかない…」と億劫になってしまう方もいるかもしれません。ですが実際に、モデルや女優でも無く、専業主婦であるT様はこのような変化を遂げられ、今もストイックな生活を送っています。

それは誰に強制された訳でもない、T様自身が選んだ道です。

私目線ではありますが、ヨガに通われる多くの女性は明るくハツラツとしていて、魅力的な女性が多くいらっしゃいました。

公園やカメラを見ながら完璧な笑顔と白い歯を持つ女性

変化を遂げられるのはいつも行動を起こした人だけです。

数多くの女性がどうか1人でもこの記事を読み、変化を遂げる一歩を踏み出す勇気になれば、と思います。

今日も皆様にとって素晴らしい1日でありますように。

皮膚と腸は繋がっている!?

腸内環境とは?

皆さんは、自分の腸内環境を気にしたことはありますか?

白い背景に胃の手の女性のスタジオ

便が硬すぎたり柔らかすぎたりする方は、もしかしたらが元気じゃ無いかもしれません。

Q良い状態の腸とは?

便通が毎日あり、セロトニンという別名幸せホルモンが脳と腸に適切に分泌され心身ともに健康です。腸の働きを活性化させ、便秘や下痢を予防したり、病気に対する抵抗力を高めたりしてくれます。

Q悪い状態の腸とは?

便通が三日以上無かったり、便が硬すぎたり柔らかすぎたり、また残便感が残ることを便秘と言います。便秘になるとぽっこりお腹や肌荒れ、イライラしたり不安になったり、不眠症になったりなど、心と体に様々な不調を引き起こします。

免疫力も低下するので、体調が崩れやすくなり、風邪が引きやすくなったり発がん性物質をつくり出したりします。

健康な体と綺麗なお肌を手に入れるためには、腸内環境を整えることは必須と言えます。

皮膚と腸は繋がっており、腸の中に溜まった悪質なガスや老廃物はやがて皮脂や汗となり顔の皮膚から出てきます。なので常に腸の中は綺麗な状態と保っていないと、体及び自律神経にも悪影響を及ぼしてきます。

では何故、腸内環境が乱れてしまうの?

腸内環境が悪くなる原因

日本の食べ物のお米のアイコンセット。箸、おにぎり、すし、餅に餡を盛った丼。フラットなカートーンのベクター画像アイコン。

昔の私たちは、ご飯やお味噌汁、野菜たっぷりのおかず、漬物などをよく食していました。それに加え体を動かしてお金を稼いでいたので、至って健康的だったのです。

しかし現在では経済が発達し様々な国の食文化を取り入たことや、生活環境の大きな変化により腸内環境にとっても様々な問題が発生しています。

主な原因

  • 過度なダイエット
  • 不規則な生活
  • ストレス
  • 高たんぱく質、高脂肪
  • 暴飲暴食
  • 運動不足
  • 体の冷え

等が原因に当たります。

日々進む不景気だったり、日常からくるストレスなどにより、当てはまる方は多いのでは無いでしょうか。

腸内環境が悪くなると、引き起こすのは便秘肌荒れだけではありません。

  • 肌荒れ
  • ぽっかりお腹の原因
  • 便秘
  • 口臭、体臭の悪化
  • 体調を崩しやすい
  • イライラする
  • 不安になる
  • 不眠症
  • 生理不順

女性が大敵とするダイエットや美容に関して大きく影響を与えてくるのがわかりますね。

生活が乱れたり、必要以上にストレスを抱えたりすると腸内環境が乱れてしまいます。

しかし

ヨガを取り入れれば、これらは改善できるでしょう。

ヨガの若い魅力的な女性、魚の運動の半分の主役、ナマステでポーズをとるアルダ・マシェンドラサナ、運動着、スポーツウエア、ズボン、上、屋内長、ヨガスタジオ

何故ヨガで腸内環境がよくなるのか?

次の記事でご説明します

呼吸を極めると健康に痩せる訳

私たちが普段何気なくしている「呼吸」

実は、呼吸には私たちが思っている以上のパワーがあるのです。

今回はヨガでも日常生活でも大切な「呼吸」についてお話しします。

よく緊張した時とかに、お母さんに「ほら、深呼吸して!」

と言われませんでしたか?

実は、それにも深い意味があったのです。

深呼吸をすると落ち着く訳

何故慌てた時や、緊張した時に深呼吸で落ち着こうとするのでしょう?

慌てた時や緊張した時、心臓がどくどくと波打っている状態なのは、自律神経が乱れ、交感神経が優位に働いています。

交感神経が優位に働いていると呼吸が浅くなりがちなのです。

呼吸が浅い=気持ちに余裕がない

という意味になります。

なので呼吸が浅く、緊張状態が続いている時に深呼吸すると、酸素がたくさん体の中に入り、副交感神経が働くことで、だんだんと落ち着きを取り戻していけるのです。

現代人は眠っている時も働いている?

現代では仕事や家事が忙しく、不眠症の方や睡眠障害が増えているように思います。

  • 布団に入ってもなかなか寝付けない
  • 夜中に何度か目が覚める
  • 起きた時体がだるい
  • 寝たはずなのに日中眠い

などが不眠症の人に挙げられる例ですが、思い当たる節はありませんか?

布団に入ってもなかなか寝付けない

という方の中に、仕事のことなどでずっと考え事をしてしまっている方が少なくないです。

「明日も早いな、あの人苦手なんだよな」「あの仕事がまだ残っていたな」

この状態は、目を瞑っているけど脳は起きている状態です。

交感神経が優位に働いているので、布団に入ってリラックスはしているものの、脳は日中の仕事や家事をしている時と変わらない状態にあります。

この時も呼吸が浅いんですよね。

深呼吸すれば体の奥からリラックスし、安眠できる

布団に入り、なかなか寝付けないな…と感じた時、ゆっくりと呼吸をしてください。

その1、腹式呼吸を意識

その2、吸う息6秒、吐く息6秒くらいを意識しながら、何も考えず、呼吸だけに意識を向けてみましょう。

すぐに眠りにつけるとは言えませんが、たくさん息をすることで副交感神経が優位に働き、眠りにつきやすくなるはずです。

よく例えられるのが、ホラー映画を見ている時やお化け屋敷に入った時、呼吸が浅くなりがちです。

それと同じ理由で、うつ病の人は呼吸がずっと驚くほどに浅い呼吸の状態が続いています。

呼吸が浅い=血行が悪くなる

血行が悪くなると、リンパの流れも悪くなり、身体中に酸素が回らなくなります。

リンパの流れが悪くなるということは、溜まった疲労が体の中に蓄積され、毒素が体の中に溜まってしまいます。

するとやがて毒素はセルライトから脂肪に変わり、腸の中の毒素は肌荒れの原因になってきます。

深い呼吸ができていれば、リラックスできてイライラが解消され、免疫力や代謝もよくなって行きます。

いかがだったでしょうか。

呼吸が悪くなると引き起こす体のデメリットや、メリットについてお話しさせていただきました。

呼吸が浅いと

  • 血行が悪くなる
  • リンパの流れが悪くなる
  • 脳に血が回らなくなる
  • 体がだるく重く感じる
  • 栄養価の高い食べ物を食べても腸内細菌が栄養を吸収してくれない
  • 毒素が体に貯まる

などの原因になります。

寝つきが悪いと感じる方、最近心に余裕のない方は、是非一度深呼吸を意識してみてください。

ヨガで腸内環境が整うと自然に痩せていく理由

前回の記事により、腸内環境が悪くなるともたらす様々なデメリットを紹介しました。

それは心の面でも体の面でも、初めは小さな変化でも次第に大きな負担になり私たちの体を蝕んできます。

ですが、、お腹の中を綺麗に保ち、腸内環境を綺麗に保つことにより、デメリット同様様々なメリットがあります。

今回は何故腸内環境が重要なのか、ヨガを行うことで、どう改善されていくのかをご説明していきます。

女性の胃痛、医療コンセプト。

「私より良く食べる友達が私より細く見える…」

「同じような生活をしているのにどうしてあの子は細いの?」

と思った経験は無いでしょうか?

その原因は、腸内環境の違いが大きく関わっているかも知れません。

強く健康な幸せな胃の特徴、ブロッコリーとリンゴ。ベクター平面のカートーンイラストアイコンデザイン。白い背景に。消化管、健康食品の栄養、胃のコンセプト

腸内には腸内細菌と呼ばれる最近が存在しており、大まかに善玉菌悪玉菌日和見菌という3つのタイプに分かれていて、それぞれ腸内に及ぼす影響が異なり、なかでも善玉菌は腸内を整えるのに効果的な菌だとされています。

特に善玉菌は、消化吸収を助け免疫力を向上させる働きなどがあることから、肥満防止、健康維持、老化防止と嬉しい効果が期待できるといわれています。

よく聞く腸内フローラとは?

Flower Portulaca In the morning garden with sunlight

「腸内フローラ」とは、先程出てきた腸内細菌が種類ごとにグループをつくり、腸内に広がっている様子のこと。お花畑の様に見えることからそう呼ばれているそう。食事の内容で住み着く菌も変わるので「腸内フローラ」はひとりひとり違うんだそうですよ。

大腸と小腸の図

この「腸内フローラ」は、善玉菌:悪玉菌:日和見菌の割合が2:1:7となるのが理想的なんだそう。

日和見菌は、善玉菌が多ければそちらに味方し、悪玉菌が多ければそちらに味方をするという性質を持っているようです。

新鮮な空気を持つ公園で日差しの下でリラックスして幸せな気持ちのスポーティーな女性のポートレート

食べても太りにくい人に多くみられる細菌は「ヤセ菌」とも呼ばれ、脂肪蓄積の予防や、代謝を上げエネルギー消費をサポートしてくれるそう。

ヤセ菌」は日和見菌に属していると言われています。つまり、善玉菌を増やすことによりヤセ菌も増え、自然に痩せやすい、太りにくい体に変わっていけるということになります。

食べても食べても痩せやすいあの子の理由は、腸内環境が健康的に保たれているというのも理由の一つのようですね。

Floor scales icon in neon line style. Body weight measurement equipment symbol.

口から摂取した食べ物は、腸で吸収されて初めて体を作る栄養になります。吸収された栄養は毛細血管を通って全身を巡っていきます。さらに腸は、細菌やウイルスから体を守る免疫器官でもあります。免疫とは、体内に侵入してくる細菌やウイルスを身体にとって有害か無害かを判断し有害なものを排除する機能のことです。細菌やウイルスから体を守るための抗体を作る細胞をリンパ球と言い、腸管には、全体の60~70%のリンパ球が存在しています。

http://www.japanclinic.co.jp/counseling/detail.php?id=30

このことから、“腸は人体最大の免疫器官”と言われています。

満足した笑顔の若い女性は、おいしい夕食を食べた後に機嫌を取り、ピンクの背景に満腹を示す。胃の快感

腸内環境が荒れていると、体に良いと言われている食べ物を食べても、腸の免疫力が弱まっていれば栄養価の高い食べ物も体に吸収されず排出されてしまいます。

それだけではなく、私たちが日々口にする食べ物や飲み物は、目にみえない細菌やウイルスが付着しており、腸管の免疫が正常に機能していると、このような有害物質を吸収せずに排出を促しますが、免疫機能が弱っていると、体にとって有害な物質も栄養と一緒に吸収してしまい、有害物質も血液にのって全身へ流れていってしまいます。

悲しく涙を流す女性の彫刻。悲しみを込めた表情の彫刻で、悲しみの表情を浮かべ、泣きながら。白黒の白黒の写真。

腸内環境が乱れると栄養の消化・吸収がしっかりできなくなるだけでなく、体に不要なものまで吸収してしまい、体調不良や病気を引き起こすなど全身に悪影響を与えてしまうことになります…

でも、大丈夫。

こうした腸内環境の不調も、ヨガをすることで改善できます。

何故ヨガで腸内環境が整うのか?

ヨガは体全身を整える効果があります、現に妹子がヨガをしている時、真っ先に感じた効果は「くびれ」でした。

くびれができた理由は、下に下がっていた内臓が正しい位置に整ったということになります。

ヨガの大きな効果として、姿勢を正すことができます。正しい姿勢に矯正することにより、下がった内臓は元の位置に、歪んだ骨格も元に戻してくれる効果が期待できます。

それに加え、ぜん動運動も取り入れていますので、体に無理のない程度の刺激を腸に与えることができます。

緩やかな刺激を与えることで、溜まった老廃物を無理なく排出することが可能です

  • 姿勢を矯正する
  • ぜん動運動と取り入れ、腸に刺激を送る
  • 全身を活発的にすることにより、血行やリンパの改善

などの理由により、腸内免疫も改善され、栄養がぐんぐん吸収してくれる体になっていきます。

妹子が実際に感じた効果

グレイの壁に取り付け、ヨガや枕の運動をする白いタンクの上部を身に着けた美しい若い女性の側面図。ウォリアーに立つ1つのポーズ、ヴィラバドラサナ。全長

ヨガには、幾つもの効果があるとされいます。

体に関してのダイエット面ではもちろん、精神面までと、本当に幅広くあります。

骨盤矯正」「血行が良くなる」「不眠症が改善」など沢山ありますが、流石に疑いますよね

ただ体を呼吸と動かすだけで、本当にそんなに効果あるの?

今回は私がインストラクターになるまでと、私が接客させていただき、仲良くしてくれたお客様たちの体験談をお話します。

幸せな女性が歓喜の声を上げ、成功を祝う

妹子がインストラクターとしてスタジオ前に立つまで

期間としては1ヶ月、養成所のような場所で「ヨガインストラクター」の先生になるように体、精神面共に学んでいきました。

まずは、柔軟チェック。妹子21歳、体はガッチガチ

体重45㎏、体脂肪26

一応合気道も習っていましたし、女性という面もあったのですが本当にガチガチ。

特に足の裏(筋肉名称はハムストリングと言います)がもう本当に硬い。

柔らかいフォーカスの女性は、運動中に痛い足をマッサージする。   スポーツのけがと医療のコンセプトを実践。

ある程度体を動かすことにより、自分の体の硬さを認証しました。悲しい。

それに付け足し、妹子の体は

  • 骨盤が後傾
  • 猫背
  • ストレートネック
  • 骨盤が右側に広がっている

上記のことがわかりました。

まずは自分の体を知ることが何より大事。どこの筋肉が硬いか、骨盤の開きすぎていないか、閉じすぎてはいないか、日常からくる癖はどのようなものがあるか  

(代表として主になるのはストレートネック(スマホの見過ぎで首が前に出ること)、猫背、あぐら、体重を片足にかける、バッグを肩のどちらかに主にかけている等)

ヨガをし始めて二日でくびれができる

Fit fitness girl measuring her waistline with measure tape. Athletic slim woman measuring her waist by measure tape after diet. Slim body, jump rope. Girl with perfect waist with a jump rope in hands.

まずは一つ目。驚きました。こんな即効性ある?

ヨガは、体の内側から変化をもたらせてくれるので、私のくびれが出来た原因は

姿勢が矯正され、内臓の位置が正しい位置に戻りつつある状態になった

ということになります。体重や体脂肪には特に変化は無し。

猫背になる→お腹が前に出る→内臓が下に下がる→内臓の重さで子宮が圧迫される→生理痛、生理不順になる

こういったように、ただ一つ「内臓が下がる」だけでもこれほど体に負荷がかかってしまいます。怖い。

こうして、体の内側から変化していき、徐々に筋肉や柔軟性もついていきました(妹子はお風呂上がりのストレッチをしてなかったので、変化は本当にゆっくりでした。変化を早く求める人はお風呂上がりにした方がもっと早いです)

結果、1ヶ月で体重と体脂肪の数字は次のように変わりました。

体重45㎏→38㎏

体脂肪26→18

白い浴室の床の重量目盛りに緑のカーテンを背景に女性が立つ

元々体型は普通に入る妹子でしたので、数字こそ大きな変化はないかもしれませんが、実感したのはボディメイク

常にむくんでふっくらしていたふくらはぎは細っそりとし、太腿も余分な脂肪が少なくなったように感じました。

浜辺の美しい女性の脚

内臓が上に上がったのと、筋力が向上したことによりよりくびれが出来ました。

便秘が改善→これはリンパの流れや内臓が正しく機能し、基礎代謝が上がったことが分かります。

冷え性が改善→筋力がついたことにより体温が上がったのと、血液が隅々まで滞りなく巡る血行の改善

日常の姿勢、癖を意識的に気づくことが出来た→ヨガは正しい姿勢を基本としているので、体重がどちらかに偏っていたり、体に負担のある態勢を取っていると「違和感」を感じ取れるようなりました。

日常からくる体の歪みはとても大きいので、気づくのは本当に大切。

あとは風邪や体調が崩れにくくなったことが個人的に大きいです。季節の変わり目には必ず風邪をひき、毎年必ずインフルエンザにかかっていましたが、免疫力が向上したことにより、多少生活リズムが狂っても、すぐに体が回復してくれるように。

まとめ

  • 体重45㎏→38
  • 体脂肪26→18
  • 柔軟性UP
  • 筋力UP(女性らしいしなやかな筋肉)
  • くびれができた
  • 下半身のむくみが消えた
  • 便秘解消
  • 冷え性改善
  • 免疫力向上
  • 集中力UP
  • 疲れにくくなった、疲れが次の日に残らない
  • 寝起きがよくなった
  • 不眠症解消

※私自身が感じた効果ですが、レッスン内容、時間などから個人差があると思われます。

私は1日に1時間毎日ヨガを取り入れていましたが、お風呂上がりに10分でもヨガを取り入れるだけでも体、精神的ともにリラックスを感じることでヨガの効果が実感できると思います。

一日頑張ったご自身に対し、10分からでも、自分の心と体に向き合い、優しく労ってあげて欲しいです。